■お部屋探し前日まで■お部屋探し当日■お部屋が決まったあと


  ■ お部屋探し前日まで。

優先順位を決める
・賃料
・間取り
・築年数
・階数
・駅からの距離
・ユニットバスの可否
・日当たり
・ ペットの可否など
希望をすべて満たす物件は、そうあるものではありません。できるだけ希望に近いお部屋を選ぶには、何を最優先するかをあらかじめ決めておくのがよいでしょう。

入居したい物件をリストアップ
雑誌・インターネットなどからあらかじめ候補を選んでおくと、お部屋探し当日の時間を節約できます。
リストアップする数は5件以内にすることをおすすめします。 多いと1日で見ることができなくなる場合がありますし、少ないと候補のお部屋がすでに決まっている場合もあるからです。

管理会社(不動産)への来店予約
時期によっては非常に混みあいます。特に入学・就職が集中する春や、推薦入学・異動が決まる秋には、希望のお部屋をスムーズに見せてもらうために来店予約をしておくのがよいでしょう。


 
↑このページのトップへ


  ■ お部屋探し当日。

      

注)来店直前までは空室であっても、来店時に空室でないことはよくあります。
電話で空室確認するのではなく、来店時に直接担当者に確認しましょう。

空室状況を確認し、候補を絞り込む
管理会社(不動産)へ行きます。その時点での空室状況を確認し、物件の詳細情報を聞きます。
事前に調べた物件以外にも、希望を満たすお部屋はある可能性があります。お店で確認し、それらも検討に加えたうえで実際に見に行くお部屋を絞り込みましょう。

お部屋を見に行く
希望に近いお部屋から順にお部屋を見に行きます。
歩いて行くと周辺環境が分かるのでなるべく歩いて見に行きましょう。そのために動きやすい服装で行くことも忘れずに。

お部屋をチェック
コンセントの位置・洗濯機・冷蔵庫の置き場所など具体的な項目をチェックしていきます。3件以上見に行く場合は各お部屋をチェックしながらメモをとりましょう。

管理会社(不動産)で確認
お部屋を実際に見て気になったところや担当者に質問しましょう。ここで最終的に判断することになるのでしっかり確認し、不明な点はないようにしておきます。

お部屋を決めて契約
お部屋が決まったら、契約します。契約にあたって必要なお金を確認します。(当社の場合、後日銀行振り込みでお願いしています)
入居可能日も確認しておき、引越しの日取りを考えておきましょう。


 
↑このページのトップへ


  ■ お部屋が決まったあと。

「引越し・入居の手続き」をご覧下さい。


 
↑このページのトップへ